プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

嗚呼・・・奥深きかな!?エンジンオイル(`・ω・´)ゞ

食用油でも、少量のオイルでも、果てはオイル交換無しで10万キロ走った!というスーパー伝説を持つ我々が愛して止まないスーパーカブですが、さてみなさんはどんなメーカーのどんなタイプのオイルを入れてますか?

oil.jpg
■エンジンオイルの基本・・・■
★エンジンオイルの仕事★ 
①エンジン内部の潤滑(カブの場合ミッションも)
②エンジンの冷却
③エンジン内部の清浄
④ピストンとシリンダーの気密性
⑤エンジン内部の各パーツの防錆&防腐食

★エンジンオイルの種類と性能★
鉱物油(HONDA G1など)鉱物油では約70℃から90℃以上オイル劣化が始まる。
部分合成油(HONDA G2など) 鉱物油よりは若干、高性能
化学合成油(HONDA G3など)化学合成油でも約110℃から130℃以上で熱による化学変化などのオイル劣化が始まる。
植物油(植物性レーシングオイル)ヒマシ油など主にというか、ほぼレース用

★JASO規格★
MA規格は通常のバイク(湿式クラッチ)向け
MB規格は摩擦低減剤を多く含むため湿式クラッチではないスクーターおよび、低摩擦が求められる高回転型エンジンや大型空冷エンジン

IMG_2732.jpg

■どんなオイルをいれるか・・・■

メーカー推奨のオイルを選ぶことは決して間違いでは無いのですが、それはノーマルエンジンで新車時にふさわしいオイルという事です。ボアアップしたエンジンは圧縮比が高くなり燃焼温度が上がるため低グレードでは役不足ですし、旧車に性能がいいからと100%化学合成油を入れてもクランクケースのパッキンを痛めたりしてオイルが滲んでしまうでしょう。しかしノーマルだから10W-30を使い続けるのではなく距離を重ねたエンジンは各部品のクリアランスも大きくなるので気密性の点からも粘度の大きいたとえば10w-40にするといった工夫が必要!なのです。つまり高価なオイル=良いオイルではなく今乗っているカブのエンジンに合ったオイル=良いオイルなのです(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ
スポンサーサイト

コメント

冬場だとG1夏場だとG2以上ってことか…
既に2万キロ逝ってるから、G2の良い方か
いつも使ってるのは、コメリの安オイルからG1だなあ
1000キロごとに変えてるから予算ががが
近所のホムセンでG1は700円だからなあ(遠い目)
2013-01-27 6番目の変哲のないカブ URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 6番目の変哲のないカブさん
夏場、冬場で使用オイルをかえるのは良いと思いますよ!ただ、G1とG2はどちらも10WなのでWの数字の小さいオイルを選ぶと粘度が低く冬場の始動性(セルなら顕著に)が良くなると思います。近所のホムセンでG1が700円とはお安いですねチョット気になります(*^_^*)
2013-01-28 りゅう URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://everydaycublife.blog.fc2.com/tb.php/44-4b8e9277

 | ホーム |