プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

キンドコ!?・・・いいえキンショウと読むんですよ!ってナニソレ!!?

シイタケって栽培するのに広葉樹の木にシイタケ菌を打ち込んで栽培するものだと、この栽培セットを手に入れるまで知りませんでした!おが屑のポットで栽培するのはエノキやシメジだけだと思っていましたがシイタケも、このようなオガ屑を固めたようなブロックで栽培できるのですね(笑)

シイタケを栽培する方法としては2種類あって・・・


原木栽培と菌床栽培の2種類
(ゲンボクサイバイ) (キンショウサイバイ)

■原木栽培とは:読んで字のごとく広葉樹の木にシイタケ菌を打ち込んで育てる方法で、一般的には原木で栽培した椎茸は特に風味が優れていると言われているそうですが、原木栽培は時間がかかるそうで、せっかちな自分にはとても向いているとは思えませんデス!

■菌床栽培とは:今回、手に入れたセットの栽培方法でオガ屑や米ぬか、トウモロコシの粉末などを水と一緒に練り込み袋やプラスチックポットに詰めて熟成してそこにキノコの菌糸を植えて栽培する方法で椎茸も含めてシメジやエノキなど現在のキノコ栽培の主流はこちらの菌床栽培で行われているようです。

・・・そう言えばスーパーで並んでいるシイタケも栽培方法が記載されていますね!

添付の解説書通りにセットして待つこと2週間・・・


SH3805272017020602.jpg
冬季で室温も低い為、シイタケの発育もイマイチです!(笑)

SH3805282017020603.jpg
欲張って大きくなるまで待って傘が開きすぎると
         食味も悪くなるのでボチボチ収穫します


SH3805292017020604.jpg

天候に左右されずに室内で収穫出来るのは意外にウレシイ・・・
SH3805302017020605.jpg
初シイタケは、納得の大きさでした!(笑)
このセットが980円なので、元手を回収するには、あと何個穫れば良いのかw


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ(=^・^=)『勇者さまがエリンギを栽培していましたね?』
(´・ω・`)
『ハイ!なので自分も、キノコをやってみたいと思ってました!』
(=^・^=)
『気温が低いのでキノコの発生もユックリですね?』
(´・ω・`)『一度に、たくさん出来ても困るしね!』
(=^・^=)『今度、鍋に入れてたべようね!』


にほんブログ村
原木しいたけ栽培セットなるきのこデラックス[インテリアで手軽に原木きのこを栽培できる!](´・ω・`)『原木栽培もやってみたいな!』
(=^・^=)
『しいたけ原木は道の駅でも良く見かけるよね?』
(´・ω・`)『売ってるサイズは大きくてカブでは運べないよw』
(=^・^=)『ですね!(笑)』
←コチラは原木栽培キット
インテリアで手軽に原木きのこを栽培できる!


スポンサーサイト

Smoke Gets In Your Eyes!煙がハンパなく涙目w

何時も立ち寄る本屋さんで、ふと目に留まったアウトドア雑誌の記事が気になっていて、いつか自分で作ってみようと思っていたチャークロスという物を作りにコーヒーセット片手にブラッと出掛けてきました・・・

※チャークロス(炭化布)とは綿(コットン100%)の布を炭化させた物で
     火打石やファイヤースチールなどの火口として使用されているモノ

適当な『空き缶』や『ハギレ』が無かったので100均で調達

それではデイパックにコーヒーセットと材料を放り込んで出発!

IMGP04612017021601.jpg
①まずは缶の加工から・・・煙が出る穴をあける

IMGP04622017021602.jpg
②ハギレを入れる
※あまり詰め込み過ぎないほうが良いらしい
IMGP04632017021603.jpg
③穴の栓を落ちてる小枝で加工

IMGP04642017021604.jpg
④缶を火にかける
ザ・プラターズの『煙が目にしみる』じゃないけれども、出てくる煙は割と多いです

IMGP04702017021605.jpg
缶内が高温になってくると煙に
       点火出来るので煙量を少なく出来ます

IMGP04702017021607.jpg
煙が出なくなったら先程の木栓を準備します

IMGP04712017021608.jpg
⑤冷えるまでこのまま待ちます

IMGP04732017021609.jpg
持って来た珈琲を飲んで完成を待つ・・・(笑)
IMGP04782017021610.jpg
日差しは暖かいけど、木々は未だ冬ですね・・・

IMGP04792017021611.jpg
ベージュ色だったハギレが炭化して真っ黒です!

このまま家へ持ち帰って適当な大きさに切り分けて着火テストしてみましょう

IMGP04812017021612.jpg
もう少し厚めの生地でも良かったかな(´・ω・`)

IMGP04822017021613.jpg
携行するならチョコやミントの蓋付き空き缶が良いかも・・・


IMGP04832017021614.jpg








・・・それでは点火しましょう








シュッ!!・・・・







IMGP04842017021615.jpg
おぉ!?・・・チラチラ燃えてます!(*^_^*)

※チャークロスを買えば結構な値段ですが、空き缶と古着が家にあれば殆ど0円ですから楽しみながら作ってみるのも良いかも知れませんね!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ(=^・^=)『蓋を開けるまでは出来ているか分からないよね?』
(´・ω・`)『そうですね!不十分だと布のままですからね!』
(=^・^=)『じゃあ蓋を開けるまでドキドキ?』
(´・ω・`)『煙が完成のサインですがチョット不安でしたよ!』
(=^・^=)『でもコレを使う事って・・・・』
(´・ω・`)『それを言っちゃいますかーー』
(=^・^=)『着火を楽しむってことですねw』
(´・ω・`)『確かにそうだよね!』


にほんブログ村

Bush Craft(ブッシュクラフト) 太陽の火おこしキット 10-01-cset-0006(=^・^=)『ボワッと燃えるのかと思ってたら違うね?』
(´・ω・`)『炭が熾る感じかな!』
(=^・^=)『まさしく炭化布だもんね』
(´・ω・`)『火種ならユックリ燃えるほうがいいよ!』
(=^・^=)『古着は捨てずに置いておこうね!』

Bush Craft(ブッシュクラフト) 太陽の火おこしキット

脳内キャンプの沈没ライフも疲れてきたので・・・・

脳内キャンプで絶賛沈没中も精神衛生上ヨロシクナイので、去年から欲しかった皆が持ってる焚き火台をゲットして裏山ハイクで火入れしようと来てみたが、この日は残念ながら風もあって乾燥注意報発令中!だったし、火の始末に気を使うのも嫌だった為、焚き火台と共に自分も不完全燃焼の内に早々と帰宅・・・(´・ω・`)

本家Emberlit(エンバーリット)にソックリなミニ焚き火台(笑)
※こーゆーシンプルなモノなら本家でなくても、そこそこ活躍できると思う・・・
SH3805352017022602.jpg
焚口は本家より大きめで薪の投入は楽に出来そうです

SH3805362017022603.jpg
オールステンレス製の気になる重量は・・・

SH3805372017022604.jpg
結構、重いです!(収納袋込)ステンの厚みも割とあるので仕方がないですね!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ(=^・^=)『この手の焚き火台はイロイロと種類がありますね?』
(´・ω・`)『ええ、大きさは大きく分けて3種類くらいかな・・・』
(=^・^=)『コレはラージサイズなの?』
(´・ω・`)『小さいと使いにくいので大きいヤツにしました!』
(=^・^=)『火器をコレだけにしてキャンプしてみたら!?』
(´・ω・`)『焚き火台縛りですか?(笑)』
(=^・^=)『鍋はマックロケになるね!』
(´・ω・`)『でもオモシロそう(笑)』

にほんブログ村

Aokit™ 折りたたみ 薪ストーブ ステンレス製 携帯焚火台 (専用収納バッグ付き) 燃料不要 ウッドバーニング 軽量 コンパクト 野外 キャンプ クッキング ピクニック(´・ω・`)『・・・!?なロゴマークは気になる所だけど、この手のアイテムの中では今の所、最安値なので思い切ってポチってしまった・・・』
(=^・^=)『使い込んで焼けて良い感じなるとイイね!』
Aokit™ 折りたたみステンレス焚火台 (専用収納バッグ付き)



ヨシ!なんちゃってエンバーリットの火入れに行こう




(´・ω・`)『ヨロシクお留守番頼みますよ!』





・・・・・・・・


・・・・・

・・・

・・


(´・ω・`)『ただいまーー!』



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ(=^・^=)『おかえりーー!』
(´・ω・`)『・・・・・・・・・』
(=^・^=)『あれっ!!元気ないね?』
(´・ω・`)『火入れキャンプは楽しかったんですけどね』
(=^・^=)『ネタの神様が降臨したの(笑)』
(´・ω・`)『どうかな・・・(笑)』


にほんブログ村

 | ホーム |