プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

準備編!パワーLEDでヘッドライトを自作する!(`・ω・´)ゞ

ウインカーとテールランプをLEDで自作したのでココはやはりヘッドライトも自作にチャレンジしてみようかな!という事で、いつものように先人達に教えを請おうとネット検索しているとハンターカブをLED化した方のブロク記事を見つけ参考(お知恵を拝借しましたm(_ _)m)にして、なんとかブサイクながら自分でやってみたので御紹介したいと思います(`・ω・´)ゞ
 
201303019.jpg

■必要なパーツ■
●放熱器(ヒートシンク)46x25x17mm
●熱伝導両面テープ(シール) 40x40mm
●放熱基板付3W白色パワーLED×2個
●定電流方式ハイパワーLEDドライバモジュール×2個
●ヒロチー商事ヘッドライトコネクタ PH7
●フィラメント切れのノーマルバルブ
出来るならば捨てるはずのバルブを用意するのが理想だが、なければ
懇意のバイク屋さんに切れたバルブを頂戴するか安価な新品をゲット!
(PH7の口金のみが必要でガラス部分やフィラメントはすべて取り除く為)
●ハンダ、リード線、ホットボンド、端子金具
100均の椅子の足カバー(内寸25㍉)など


■作業手順■
①LEDバルブのためのノーマルバルブ加工
(ガラス部分やフィラメントの取り外し)
★ガラスで怪我をしないように細心の注意で作業します★
②ヒートシンクの加工
ノーマルの口金とヘッドライトハウジングに合うように加工
③LEDバルブ本体の製作
配線やヒートシンクの固定、LEDの固定
④ハイパワーLEDモジュールの加工
配線して100均の足カバーに入れてホットボンドで防水加工
⑤車体へ配線して取付作業
点灯試験および配線チェックなどは先に完了しておく

★今回は準備編という事で必要なパーツと作業手順を紹介しました★

      製作編(前編)へ・・・つづく

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
スポンサーサイト

製作編(前編)!パワーLED でヘッドライトを自作する!(`・ω・´)ゞ

前回の作業手順を実際に画像に解説を交えながら紹介します!

①ノーマルバルブの加工〜

②ヒートシンクの加工・・・


ノーマル電球のガラスとフィラメントを取り除いたPH7の口金に合うようにヒートシンクを加工します!手に入れたヒートシンクは若干大きかったみたいで、現物合わせで削り込んでいきます(`・ω・´)探せば調度良い大きさのヒートシンクが見つかるかもしれませんが、自分は見つけられませんでした(´;ω;`)

なので・・・ひたすら削ります!

201303010.jpg
最終的に口金に入り(細い方)ヘッドライトのリフレクターの穴に入る(太い方)ように削りますが、④の様に横から見てわかるように高さも低く削るので(フィン1枚ずつではなく全体にヤスリを当てると良い)結構、大変な作業でした( ´ー`)

③LEDバルブ本体の製作

201303012.jpg
①の配線用・・・と有りますが実際それらには通電することは無く、ただLEDをヒートシンクに固定するためのものです。なので、この部分は絶縁体の物が望ましいのですが、自分は最初、配線金具とリード線(①のように加工)を使いましたが太くなりすぎてしまいリフレクターの穴に入らず、リード線の皮膜を剥いて(②の上部固定パーツ)ようやくリフレクターの穴に入りました。しかし、リード線の皮膜を剥いた為にLEDの電極と接触し絶縁不十分なことに気付かず、かなり試行錯誤しました。固定方法での改良の余地はかなりあると思います(^ω^;)

ヘッドライトコネクタ PH7の加工

201303014.jpg
ヘッドライトコネクタ PH7
コネクターソケットは配線を切るだけで準備OK

LEDドライバモジュールとは

201303015.jpg
3WのパワーLEDを1個点灯させるのに1個必要なので、High&Lowで2個使用します。回路から入力側の黒い線2本とLEDへの出力側のピンクと白の計4本のリード線が出ています。ピンクはLEDの(+)へ白はLEDの(-)へ結線します。有難いことに電源入力部分に、整流ダイオードが入っていますので、交流・直流(12V)のどちらでも良く黒線の2本は、車体側からの電源を入力します(`・ω・´)
 
★今回はバルブの加工〜LEDドライバモジュールについて説明してきました★

次回はモジュールの防水加工〜車体取り付けを紹介します(`・ω・´)ゞ

    製作編(後編)へ・・・つづく


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

製作編(後編)!パワーLEDでヘッドライトを自作する!(`・ω・´)ゞ

パワーLEDでヘッドライトを自作するシリーズ最終回の製作編(後編)は車体への取り付けと製作を終えてのインプレッションを紹介いたします(`・ω・´)ゞ

前回LEDドライバーについて書きましたが今回はその加工からスタートします!

④ハイパワーLEDモジュールの加工

201303016.jpg
LEDドライバーモジュールを100均の椅子の足カバーに入れる前に入力・出力の配線のためにカバーに4箇所の穴を開けておいて、その穴から配線用リード線を通しておきます。LEDドライバーモジュールとリード線との結線が完了したら足カバーの中へリード線を引っ張りながら入れてホットボンドを流し込みます(`・ω・´)
★矢印にユニバーサル基盤が見えてますが単にこれはホットボンドの蓋です★

Lowビーム用のLEDドライバモジュールの設置
黄色の円の中にあるのがLowビーム用ドライバーでサイドカバー内に設置
201303017.jpg
LED1個に1個のドライバーが必要なので、まずLowビーム用のLEDドライバーから設置していきます!LEDは消費電力が少ないのでエンジン始動時キーONでLowビームが点灯しエンジン始動後Highビームのスイッチを入れると同時点灯するように配線しました!なのでLowはDC12VからHighはAC12VからLEDドライバーに入力することになります(`・ω・´)ゞ

⑤車体へ配線して取付作業

201303013.jpg
バルブ口金からコネクタを介して出ているリード線、まずLowの赤と白をサイドカバー内のLEDドライバーまでフレームに沿って引き込んでLEDドライバーの出力側につなぎ、Highの黒/赤と黒をヘッドライトハウジング内の車体から出ているハイビームの青リード線から入力側に結線したLEDドライバーの出力側につなぎます(文章だとわかりづらいですね〜表現力不足ですいませんm(_ _)m)

試験点灯
キーONで上側のLEDが点灯しています。Lowビームでは上が点灯してリフレクターの上側に反射して下側を照らします。逆にHighビームでは下側のLEDが点灯してリフレクター下側に反射し上側を照らす事になります(`・ω・´)

201303018.jpg

           ■製作後記■

取り付けてみてまず感じたのは3WパワーLEDは確かに明るいのですが遠くを照らすには”う〜ん(´・ω・`)”という感じです。それとヒートシンクを隔てて上下にLEDを配置する構造上Lowビーム点灯時は上側半分が光ってる感じになります。同時点灯だと全体が光りますが真ん中の水平ラインに影が見て取れます。(上図参照)しかし昼間の対向車からの視認性はバツグンです。デイライトとして割りきってプレスカブのようにフロントバスケット前に前照灯を増設するなど、まだまだ改良を検討する余地は十分あると思いました(^ω^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

コレは要るよね!?いいえ要りません(。-`ω´-)キッパリ!!キャンプ道具選びは難しい!?

ロングツーリングでキャンプ&自炊・・・カブに積み込む道具の要否の判断にいつも苦しみます(^ω^;)ヨシ!!これでOKと出かけて帰って来たら1度も活躍しなかった道具もチラホラ・・・みなさんの道具選びはどんな感じですか〜(*^_^*)


ホイ! 1番バッター鉈(ナタ)!君は2軍行き決定やで!

201303041.jpg
前回のロングツーリングでは初日だけの登場でした(´;ω;`)なぜなら、焚き火が出来るキャンプ場は限られているし毎回、毎回ファイアー!(*゚▽゚)ノ ))な気分ばかりとは限らないし・・・しかし日帰りBBQなら薪割りに絶対持って行きます!!その下のミニ鋸は軽いし、小さいので出番アリです!ロングツーリングに持って行くなら鉈(ナタ)がわりにBUCK110フォールディングハンターにするかな・・・

ホイ!2番バッターまな板&包丁!君は( ・∀・)ビミョーやな!

201303042.jpg
包丁も良く切れるしカレコレ10年以上使ってますが、残念ですが、これも出番はありませんでした。けれど出番がなかった理由は自分が悪いんですm(_ _)mこれが登場するメニューが無かったからに他ありません!道の駅などで野菜を買って刻んだりすれば良かったです(;´д`)トホホ… メニューの組立方次第かな!
缶切りまで付いてます!が自分は無くしました(T_T)

ホイ!3番バッター焚き火台(自作)!君は2軍行き決定やで!


201303043.jpg
焚き火の直火はNG!なキャンプ場対策としてハリキッて作って持って行きましたが出番なし(´・ω・`)ショボーン 焚き火は設置してあるカマドでやればいいカナ!?

キャンプ道具選びは難しいです!でも楽しい(*^_^*)

あと小さい椅子は持っていk(ry


ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

1と3/4戻してチョット締め・・あ゛あ゛ぁ〜キャブなんてもうk・・ヽ(`Д´)ノ

桃の節句も過ぎすっかり春めいてきましたが、この季節の変わり目で頭を悩ますメンテといえば・・・そうキャブのメンテなんですね〜ちょっぴり大きめのキャブを装備していますのでジェット交換まではいきませんが、パイロットスクリューなんかは季節によって締めたり緩めたりしているわけですよ(`・ω・´)ゞ

201303071.jpg

今回は自分の覚書にもなるのでチョット表にして見ました(`・ω・´)キリッ
キャブ車の方の参考になれば幸いデスm(_ _)m
kaiteikkyabu1.jpg

訂正とお詫びm(_ _)m
キャブセッティング表の記載でパイロットスクリューの調整方法が
逆になっていました。カブの場合はパイロットスクリューで空気の
量を調整するタイプなので薄い症状なら締めこんで空気を減らし
濃い場合は緩めて空気の量を増やす調整をします。



キャブセッティングは迷いだすとキリが無いのである程度まで納得できたら・・・

こんなもんやろ(・д・)と自分に言いきかせることが大事です!?

■季節による目安として■

冬→寒い→混合気は薄くなる→セッティングは濃い目にする

夏→暑い→混合気は濃くなる→セッティングは薄くする



ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

まっ!?真っ黒けのけ〜ブレーキダストってすぐたまるよね〜(*´Д`)

ブレーキダストってすぐたまるよね〜!お金はたまんないのに〜(´;ω;`)
って冗談はさておき・・・

本格的キャンプツーリングのシーズンを前に準備メンテ&カスタム第1弾は・・・・・”お金かけずに手間かけて!”をスローガンに掲げメンドクサーい(汚れまみれの)前後ブレーキのメンテをやりましたよ(`・ω・´)ゞ

■フロントから■

201303091.jpg
バラシ作業はお気に入りリンクのLittle World のひろさんのページを参考に

201303092.jpg

201303093.jpg
ダストはパーツクリーナーでキレイにしましょう(`・ω・´)ゞ
ブレーキ&パーツクリーナー魂 195円
201303094.jpg
ブレーキシューは力技でやっても外れないことはありませんが、ちょっとしたコツを・・・ブレーキカムの反対側のピボットシャフトの上下ブレーキシューの間にマイナスドライバーを挿し込み、少しひねってピボットの上のズレ止めの上に乗り上げれば簡単に外せると思います(*^_^*)

201303095.jpg
キレイにしたんですがボロカブなのでコレで精一杯です(´・ω・`)ショボーン
白いプラスチックギア(メーターギア)のグリスアップも忘れずに!

201303096.jpg
★ブレーキ内部なのでグリスアップは薄く塗布します★

201303097.jpg
シューのハメコミも力技ではなくある程度ハメ込んで最後はプラハンでコン!

■そしてリア■
トルクロッドの取り付けボルトを緩めて外し、ブレーキ調節ネジを外して14㍉レンチ×19㍉レンチでリアアクスルを緩めてシャフトを抜きます!その時、前輪同様カラーがコロコロ転がってしまうので注意デス(`・ω・´)ゞ

バラシ作業はお気に入りリンクのLittle World のひろさんのページを参考に

201303098.jpg

愛用のグリスは自転車用です!防水性抜群
で柔らかく、のびがいいのに粘性が高いスグレモノ(`・ω・´)ゞ


暖かい日が続いてキャンプの事ばっかり考えています(*^_^*)旅先のトラブルを出来るだけ未然に防ぐように普段のメンテを頑張りましょう!ひろさんリンクさせてもらいましたm(_ _)m


ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

キャンプツーリングの準備メンテ&カスタム第2弾(`・ω・´)ゞ

キャンプツーリングの準備メンテ&カスタム第2弾は”お金かけずに手間かけて!”をモットーにチェーン潤滑について書こうかなと思います(*^_^*)

チェーン専用でスプレー式、しかも粘性の高い優れた商品もたくさんありますが飛び散り難さを重視するばかり、チェーン表面に長期にわたってへばりついて肝心の浸透潤滑が出来ていないじゃないかと普段から感じていました(´・ω・`)

なので・・・

自分は下記のような方法でチェーン潤滑を行なっています(`・ω・´)ゞ

201303122.jpg
粘度の高いギアオイル80W-90が理想ですが、無ければ普段使いのエンジンオイルで構いません!どちらを使用しても注油後ウエスで拭き取ることをお忘れなく!
このZOIL ゾイルスプレーは超定番の556と比べると確かに高価ですが、エンジンの組付け時、ベアリング、ワイヤーなどに直接スプレーしても使えるし潤滑性能も高いのでオススメの1本です(*^_^*)
(上記のように他のオイルに少し混ぜるだけなので長い目で見るとお得かも)


チェーンメンテのついでにリアキャリアを普段使いホンダアクセス製ミニキャリアから旅キャリアに変更しました(`・ω・´)ゞ

201303121.jpg
以前のワッシャーの枚数は左が3枚で右が2枚だったのに今回の取り付けではどちらも3枚ずつに・・・(´・ω`・)エッ?カブが変形したのか!((;゜Д゜))そもそもこのキャリア(B級品なので)MADE IN JAPANとは違い工作精度の低い製品だから”まぁ!”仕方がないですね(^ω^;)荷台としての性能は必要にして十分で大変満足しています(*^_^*)


ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

ツールロールはレジ袋!?いいえレジ袋は卒業します(。-`ω´-)キッパリ!!

普段の街乗りではパンク修理キットなど持って出かけませんが、チョット遠出する時は出来るだけ持っていくようにしています!しかしそれを入れるのにレジ袋にレンチやらタイヤレバーやポンプをゴッソリ入れて出かけていました(´ε` )

ツールロールがレジ袋だなんて恥ずかしいな・・・( 。- - 。)

そうだ!ガラクタ箱の中にハギレか何かあったような・・・と思いだして・・
(帆布生地やら革なんかでちょっとした物を作ったことがあります)

もう貧乏臭いレジ袋は卒業します(。-`ω´-)キッパリ!!

201303131.jpg
ピンク色のツールロールなんてチョット恥ずかしいけどモッタイナイ精神で・・・

201303132.jpg
■今回使った道具■(東急ハンズとか手芸屋さんでゲットできます)
①木槌(プラハンでも代用できます)
②ゴム板
③菱目打ち(先端がフォークみたいで一度に4箇所の穴を開けます)
④糸と針(2本必要) 糸は麻で出来たエスコードという物を使います
⑤G17ボンドクリア(100均に有ります)
⑥糸引きロウ(手縫い糸に擦り込むロウ)

201303133.jpg

①まず袋になる上のフチ部分の縫い代分を折り返して縫います
②ひっくり返して表になるように革の表面どうしをボンドで貼ります
③菱目打ちで黄色の点線部分に縫い目となる穴を開けていきます
④糸は縫う長さの1.5倍必要なので約3倍の長さの糸の両端に針をつけます
(必要な長さの糸にロウをこすりつけておきます)

201303134.jpg

201303135.jpg

201303136.jpg
興味のある方や、自分もやってみたいなと感じた方はレザークラフト作り方で検索すると参考になるサイトがいくつも見つかると思います(*^_^*)
201303137.jpg
Panaracerミニフロアポンプ
携帯ポンプにありがちな両手持ちではなく、しっかり地面に立てて空気を入れるので疲れません(自転車に乗ってた頃からの装備品でオススメです(*^_^*))
②ビートワックス(これは新品タイヤの組み付け時のみ使っています)
③ダイソーパンク修理キット(広島でパンクした時に助けられました)
④23㍉コンビレンチ(チェーン張りの時だけ出番あり)
⑤17㍉×19㍉メガネレンチ(フロント&リアアクスル用)
⑥タイヤレバー

この他にパンク修理に必要な12㍉レンチや14㍉レンチはサイドカバーに入っています(`・ω・´)ゞ




ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

コレは要るよね!?うぅ〜んどうでしょう!やっぱり要りません(。-`ω´-)キッパリ!!キャンプ道具選び第2弾

今まで、丸型飯盒(5合炊きのデカイやつ)の蓋をフライパンがわりに使ってきましたが今回あたらしくゲットしたフライパンが晴れて1軍入りを果たしたのを機に愛用の丸型飯盒の2軍行きが決定しました(`・ω・´)ゞ

201303161.jpg

201303160.jpg
ベルモントシングルマグは特にキャンプ用というわけではなく普段使いにもいいカナって事でゲットしました(`・ω・´)ゞPRIMUSフライパンはチョット高いなぁ〜と思いましたが飯盒やコッヘルの蓋を代用してきたのでソロソロちゃんとしたものを・・・って事で無理して買いました(*^_^*)

201303163.jpg

201303164.jpg

201303165.jpg
矢印は100均の丸型焼き網(石綿付き)の取っ手をクッカーの高さで折り曲げています!折り曲げている理由は嵩張らない事と、このクッカーでゴハンを炊く時にクッカーの底に金網から外した石綿のネット部分をハメ込んで更に金網を装着すれば炊飯時にゴハンが吹いてきた時の丁度良い押えになります(画像のようにセットしてコンロにかけます)( ^ω^)b


ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

やっと見つけた!キャンプ用LEDランタン(`・ω・´)ゞ

以前から使ってたダ●ソーLED改ランタンが単4電池3本だったので、デジカメと互換性のある単3電池のランタンを去年から探していました!ガスランタンのような暖色系の明かりでコンパクトなモノ・・・


見つけました(・`ω´・+)


201303190.jpg
GENTOSエクスプローラーEX-837NX

201303192.jpg
ランタンの大きさの比較『ちょっと長いだけ』でとってもコンパクトです(*^_^*)

201303193.jpg
右のLEDが青白いのに対してEX-837NXは心が安らぐ暖色系です(´∀`)

201303194.jpg
スイッチを切っている間、約7秒間隔で矢印のLEDが点滅し真っ暗な場所でのランタンの所在がわかるという親切な仕様になっていますが、この機能は別に無くても良いと思います(`・ω・´)ゞ

このところ道具ネタばかりでごめんなさいm(_ _)mぼちぼちオイル交換をしないといけないのですが、出来ておりません(´;ω;`)そのオイル交換ですがチョット試してみたい人柱的なオイルを入れてみようと考えています(`・ω・´)ゞそれでは次回更新まで・・・(´∀`)ノシ


ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

見せてもらおうか、ホムセンの格安オイルの性能とやらを(・`ω´・+)シャキーン!

以前から気になっていたホムセンブランドのオイルですが、カイ●ズもダ●キも価格的には同じ598円でしたので、今回のオイル交換はダ●キのオイルを試して見ることにしました(`・ω・´)ゞ

201303211.jpg
なぜカイ●ズではなくDCMブランドを選んだのかは後ほど・・・

201303212.jpg
早速ドレンプラグを外してチェックしてみると砂鉄のような鉄粉がマグネットに付着していました!前回オイル(G1)交換から約4ヶ月間使用した結果です(中華マグネットドレンボルトがとりあえず役に立ってるかな)

201303213.jpg
廃油(G1)の状態はマイカ塗料のようなキラキラしたものが混ざっています

201303214.jpg
新しいオイルはG1と比較しても粘度、色ともに大きな違いはありません
(こっちのほうが10W-40なのでこれからの季節はいいでしょう)

ここで備忘録も兼ねて★オイルレベルの点検★

①エンジンを始動し暖機運転を行う
②エンジンを止め2〜3分間放置する
③オイルフィラーキャップ(ゲージ)取り外しゲージに付着した
オイルを拭きとって、水平な場所で車体を垂直に支えた状態で
レベルゲージをねじ込まずにオイル量を点検する


201303215.jpg
SUMICO住鉱潤滑剤株式会社
購入後に気づいたんですが、実はこのオイル住鉱潤滑剤㈱が品質保証者になっていまして、その昔2ストオイルに添加するモリパワーだったかな?とかワイパーゴムのビビリ止め(これは今でもあるのかな?)とかSUMICOブランドをリリースしてる会社なのでした!安心の日本製なので安かろう悪かろうではなく安くて良いものだと思います(`・ω・´)ゞ

今月末にはチョット距離を走るのでインプレしたいと思います(*^_^*)




ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

我が家のヌコの食費が自分の食費より高い件(´・ω`・)

カブブログなのですが2匹の同居猫(プリン&ゆず)がいるのでカテゴリにもあるようにねこ(=^・^=)の記事をたま〜にうPします(`・ω・´)ゞそれから猫ブログのブロガーさんもお見えになっていらっしゃるようなので・・・

今回は(=^・^=)です

201303241.jpg


ゆず(11ヶ月♂)のことなんですが、★食事中の方申し訳ございませんm(_ _)m★家にきた時からお腹の調子がイマイチでウ●チが柔らかくてウ●チの最後にほんの少し血が出るので、心配で病院に行くも特に異常なし!食欲も旺盛でイタズラっぷりもハンパないです!イロイロ調べてみて、もしかしてフードがゆずに合わないのかと試しに近所のスーパーで1袋だけ購入してみました!



結果!



ウ●チの色も濃くなって心配していた血も出ませんでした!
ゆずにはこのフードが良かったみたいです(`・ω・´)ゞ




なので・・・





201303243.jpg
JP プラスケア オーラル健康維持用 成猫用
歯に気を付けてと言われていたのでプラスケアオーラルをチョイス(`・ω・´)ゞ
201303242.jpg
11ヶ月にしてこの太っ腹!  全部僕のだよね!?いいえ(。-`ω´-)キッパリ!!

201303244.jpg
おかげさまでエンゲル係数はうなぎのぼり状態です(;・∀・)

201303245.jpg
ヌコ(=^・^=)の食費がかさんで自分はもやし生活の日々・・・Orz

201303246.jpg
食費の心配なんかしてくれる筈もなく・・・いやチョットくらい心配してよね!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村食費の心配をしてくれる方はポチっとm(_ _)m

月末キャンプツーリング準備中に死亡フラグが立った!? (´・ω・`)

ブレーキメンテやオイル交換、キャンプ道具の要るモノ要らないモノ&2軍行きや新たに1軍入りの新人たち・・・そう全ては月末キャンプの為の準備!今回は1泊2日の予定なんですが寝袋でチョット悩み中でした・・・(´ε` )

夏用ペラペラ寝袋+米軍ポンチョ+米軍ポンチョライナー(薄いけど暖かい)

夏用ペラペラ寝袋+だるまのように着膨れる+酒

封筒型寝袋(嵩張って重い)+米軍ポンチョ(結露する)←昨日までココ

封筒型寝袋(嵩張って重い)+米軍ポンチョライナー(薄いけど暖かい)
             (さらに嵩張る)
201304031.jpg

なので・・・

そんな悩みを払拭すべくこんなモノをゲットしました(`・ω・´)ゞ

201303262.jpg
米軍放出品の寝袋カバー(少々嵩張リますが蒸れずに結露の心配もナシ)
もっと暖かい時期ならコレにペラペラ寝袋と重ねれば申し分なしの性能です!
今回はチョット寒いかもしれないのでコレと封筒型寝袋で行きます(`・ω・´)ゞ

201303263.jpg
それから・・・今年のキャンプからは、あるものを装備したいと考えていました!
念願のブツがアマゾンからやたらデカイ箱で届きましたw

201303264.jpg
早速デカイ箱から出して・・・
『よし!ミニ#$%&’()なら積載もバッチリだな』(・`ω´・+)
この瞬間死亡フラグが立ったのは言うまでもありません/)`;ω;´)
死亡フラグの回収は来月だな・・・(´・ω・`)ショボーン


↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

今年最初のキャンプに行って来ます(`・ω・´)ゞ

毎回パッキングして思うのはチョットした荷物の増減で、その都度パズルの組み合わせが変わるように収まる場所が違います(´;ω;`)長期ツーリングに出れば荷物の場所なんか固定化されてきてサクサク出来るんでしょうね!

201303261.jpg


ホムセンブランドのオイルの実力とやらを見せてもらいますよ(`・ω・´)ゞ
あとキャンプ道具もイロイロ試したいですし・・・

それじゃ行って来まーす(*^_^*)


↑同ジャンルの他ブログはこちらへ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

 | ホーム |