プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

あけましておめでとう(*^_^*)

IMG_2277.jpg


                          平成25年 元旦

2013.jpg


              皆様のご多幸をお祈り申し上げます



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初走り!”くまモン”ラーツー行ってきた!(`・ω・´)ゞ

2013年初走り!行ってきました!ザックにシングルバーナーとお茶セットそして主役の五木食品の棒ラーメンを詰め込み・・・出発!(`・ω・´)ゞ

初走りのコースはバイク乗りが良く集まる、ダム番号:1514呑吐ダム (どんど)[兵庫県]を経由して三木市〜押部谷〜木見〜ラーツースポット〜帰宅という感じでサクっと行って来ました。

IMG_2666.jpg衝原トンネル

IMG_2667.jpg
衝原大橋(つくはらおおはし)

IMG_2671.jpg
主に灌漑利用のダムなので農業地域地図があります。
IMG_2668.jpg
potunen.jpg
遠くに2〜3台のバイクが止まっていますが、カブはポツンと1台のみ・・(´;ω;`)
もう少しカブ乗りがいるかなぁ〜と期待したんですが・・・IMG_2669.jpg
呑吐ダムからラーツースポットへ移動します。

IMG_2672.jpg
木見の手前、県道22号線の旧道

IMG_2674.jpg
到着(*´∀`*)

IMG_2676.jpg
IMG_2675.jpg
このネーミング!?アベックて・・・どうせ寂しいソロツーですが( ´Д`)なにか?
小さいコッヘルでも棒状なので割らずに投入出来るスグレモノ(`・ω・´)ゞ

IMG_2677.jpg
途中コンビニで煮卵でもゲットしようと思ってたのですが自分が立ち寄ったセブン●レブンにはゆで卵しかありませんでした。(;´Д`)
仕方ないので素ラーメンで食したいと思いますOrz



ここまで来て・・・




あることを思い出しました・・・




はっ・・・箸がないっ!!

素ラーメンの上、箸まで忘れてくるとは・・・

仕方が無いのでそこら辺に落ちている枝を削って箸を作ります(`・ω・´)ゞ
IMG_2679.jpg
出来ました・・・しかしラーメンが若干のびてしまいました(´;ω;`)

それからあともう一品・・・
IMG_2680.jpg
焼きおにぎりデス!お米はゆめぴりかで握って来ました。
焼き網は以前紹介した丸型焼き網です。

IMG_2681.jpg
茶殻が出ないのでゴミになりません(`・ω・´)ゞ

実は醤油も忘れてきたんだなコレが・・・まっラーメンも、焼いただけのおにぎりも野っぱらで食べれば美味いもんだ!残さず完食致しました。(`・ω・´)キリッ
IMG_2682.jpg
ゴミも残さずザックに詰め込んで・・・帰路へ・・・

2013年もよろしくおねがいしま〜す(´∀`)ノシ


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト M-3713

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑ポチッとm(_ _)m

ICウインカーリレーを自作する(`・ω・´)準備編!

IMG_2650.jpg


以前LEDウインカーを自作した記事でも触れましたが、LED化する際、機械式ウインカーリレーをICウインカーリレーに変更する必要があります。過去に安いICリレーを買って失敗したこともあり、点滅間隔を自在に変更(法定範囲の点滅スピード)出来るICウインカーリレーを自作したいと思います(`・ω・´)ゞ

今回は準備編という事で、必要な部品のリストと、その入手先の紹介・回路図・部品実装図・基盤とケース加工までをご紹介します。

■パーツリスト■

●CMOSタイマーIC LMC555(5個入) 秋月電子通商
●ICソケット 8P               秋月電子通商
●パワーMOS-FET 2SJ334(60V30A)秋月電子通商
●1/4カーボン抵抗100Ω 1KΩ 20KΩ 51KΩ秋月電子通商
★あとチェックランプとしてのLED(何色でも良いですが(白やブルー以外)が1個とそれに取り付ける抵抗として1KΩ(自分は余ってた680Ωで代用)★
●セラミックコンデンサ0.1μF/50V 0.01μF/50V秋月電子通商
●アルミ電解コンデンサー10μF/50V 100μF/25V秋月電子通商
●ユニバーサル基盤(10×14)           秋月電子通商
●半固定抵抗 単回転型サーメットトリマ 100KΩマルツパーツ館
●【B-P13】B-P型ゴム足(10個入)         マルツパーツ館
●【SW-40B】SW型プラスチックケース       マルツパーツ館
★その他パーツとしてリード線・スズめっき線・平端子・ハンダ等

■回路図・部品実装図■
今回ウインカーリレーに使用するタイマーIC555(CMOS版)は古くからある有名なICだそうで、タイマーIC555で検索するとそのICを使って、いろんな利用方法を検索することができます。それらを参考に回路図と実装図を掲載しますが、あくまで自分の備忘録として、また手書きで参考になるかどうかわかりません(´;ω;`)実際に作ってみようという方は先人たちの完成された回路図なども検索できますので、そちらを参考にされるとよろしいかもデス!
※この回路だとIC555に常に12Vの電圧がかかるので耐久性に不安があります。
(1年ほど運用して寿命が来てしまいました(>_<)2014年4月 追記)
回路図
●回路図●
★回路図にはチェックランプ用のLEDと抵抗が記載されていませんがFETのD端子から抵抗へそしてLEDをつないでアースへ落とせば部品実装図の様になります★
実装図
●部品実装図●

■基盤とケース加工■

IMG_2659.jpg
安い基盤なので切り出しは簡単ですが、アクリルカッターをお持ちの方は、それを使って定規をしっかり保持します。そして最初はあまり力をかけずに数回に分けて溝を掘るような感じで切り込んで行くと上手く仕上がります。あとは断面をヤスリで処理します(`・ω・´)ゞ

IMG_2664.jpg
自作される方は、くれぐれも火傷怪我に注意して自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

部品調達からケース加工までを紹介しました!

次回ブレッドボードで試作〜製作編をお届けしたいと思います。

それでは・・・(´∀`)ノシ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑ご参考いただけたらポチッとm(_ _)m

ICウインカーリレーを自作する(`・ω・´)製作編!

前回の準備編に引き続き今回はブレッドボードで回路図を参考に実際に部品を配置して期待どうりの動きをするのか、まずは検証し組立て、そして車体への取り付けまでを紹介します(`・ω・´)ゞ

IMG_2650.jpg
ブレッドボードの穴に部品を挿して行くのですが、縦5つの穴はつながって導通しているので部品の足は縦ではなく横に挿していく様にしていきます。自分も最初はコンガラがって上手く行きませんでした(´;ω;`)しかし慣れてくると、面白くなってパズルみたいな感じで楽しめます(*^_^*)電子ブロック廉価版と言ったところでしょうか!?

2012-12-30_14-33-16-anime.gif
ジャンパーコードで部品どうしを回路図どうりにつなげて電源ON!(^▽^)

それでは・・・

ブレッドボードでの試作が期待どうりの動きをしたので基盤に部品をハンダ付けします。

IMG_2660.jpg
ハンダハンダゴテもダ●ソーです。コテは300円でした。

IMG_2663.jpg
IC555は熱に弱いのでソケットを使用し裏の配線が完了した後に挿します。

IMG_2685.jpg
下手なハンダ付けと配線ですが、参考になればとあえて載せておきますm(_ _)m

IMG_2684.jpg

あっ!前回のケース加工で、ひとつ忘れていましたm(_ _)m
IMG_2692.jpg
リード線の径で3つ穴を開けてください。
それでは出来上がった基盤をケースに入れます。

IMG_2694.jpg
★ケースに基盤を入れる前、基盤裏配線押えとしてホットボンドで固定するのですが、あまり厚くボンドを塗るとケースの蓋が出来なくなるので、出来るだけ薄くホットボンドで固定する様に気を付けます。★

IMG_2697.jpg
黄色矢印の様に紙をL字型に折り曲げてホットボンドで半固定抵抗(青で黄色い+がある部品)が沈没しないようにガードして、ホットボンドを充填(部品保護と防水を兼ねて)していきます(`・ω・´)

IMG_2704.jpg
ホットボンドを充填し蓋をしてエポキシボンドで接着すれば完成! \(^▽^)/

車体側へのリード線に端子を取り付けます。

白リード線→平端子→ウインカー配線へ
赤リード線→平端子→キーONで導通する配線へ
青リード線→丸端子(アース端子)→ボディアースへ

それでは車体へ取り付けます・・・

2013-01-06_17-50-56-anime.gif
キーON!でチェックランプのLEDが点滅を始めます。このチェックランプはキーがONの時は点滅したままです。ウインカースイッチをONにするとチェックランプと同周期で点滅を開始します。半固定抵抗(青で黄色い+がある部品)を小さい+ドライバーで回すことで点滅周期が変更できます。

■製作後記■

手持ち在庫の部品の関係で回路図どうりの数値(抵抗の47KΩが51KΩになったり半固定抵抗が100kΩが300kΩ)になりませんでした。しかし半固定抵抗は100KΩより300kΩの方が点滅周期が長くなり、あと電解コンデンサーの容量もイロイロ変えてみても点滅周期が変わって面白いかもしれません。自分も電子工作は中学校の時、授業でラジオを作っただけで、全くの素人です。興味がある方はチャレンジしてみてはいかがですか?あなたのカブに自作の部品があると更にカブに対して愛着がわきますよ〜(*´∀`)ノシ


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

変身合体!?フロントキャリア!増設アイテム(*^_^*)

カブのフロントキャリアにカゴを付けている方もおられると思いますが、自分のカゴはサビサビに朽ちてしまったので、今はありません(´;ω;`)普段使いには十分ですが、キャンプツーリングだと、カゴ無しのキャリアは積載に関しては不十分です。

IMG_2710.jpg
フロントフェンダーより若干、幅広なだけで積載に関して不満が残ります(´;ω;`)
こうして写真で見るとサビサビの残念なフロントキャリアだなぁ〜(´ε` )



なので・・・


超簡単フロントキャリア増設アイテムの紹介です(`・ω・´)


ありました!いつもの100均に!

IMG_2711.jpg
ワイヤーネット29.5㎝×29.5㎝


あまり横幅を広げても強度的に問題ありなのでこのサイズに落ち着きました。
IMG_2708.jpg
どこのバイク乗りのご家庭にも必ずあるタイラップで5箇所程、固定するだけ!

IMG_2709.jpg

ツーリングから帰って来たらタイラップをハサミで切れば、普段使いのキャリアに戻せます!

kyara.jpg


★超簡単な100均フロントキャリアの紹介でしたm(_ _)m★




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

ベンリィCD部品をカブに移植する!(`・ω・´)ゞ

タンデムステップの必要性はそれほど高くはないのですが、無いと欲しくなるのが人の性(^ω^;)なので・・・オクで手に入れて取り付けて見ました(`・ω・´)

入手したタンデムステップ付きスイングアーム
手に入れたCD90用スイングアーム早速バラして組み立てていきますがC50カブベンリィCD90互換性は!?・・・

IMG_1996.jpg
並べて見る限りブレーキのトルクアームが違うだけの様な気がします。
C50の方のチェーンスライダーがとんでもないことに・・・削れてもうダメ(´;ω;`)

それでは・・・


取り付けます(`・ω・´)ゞ


IMG_2002.jpg
CD90のスイングアームの色が黒なので| ゚Д゚| ノ イカガナモノカ!?と思っていましたが、マフラーが耐熱つや消し黒なので、それなりに馴染んでいるという事にしておきましょう( ´ー`)フゥー・・


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

超低燃費!カブなんて目じゃない!?

寒の入にはいり、これから節分までの間、一年で最も寒い時期の中、カブ乗りの方々の防寒対策は万全でしょうか?今日は1月20日の大寒を前に、昭和レトロなハクキンカイロを紹介します(`・ω・´)ゞ

    IMG_2718.jpg
    今年の寒さは、例年以上だとか・・・

IMG_2716.jpg
■基本性能■

●発熱量は使い捨てカイロの約13倍
 屋外でハイパワーまさにカブ乗りにピッタリ(゚∀゚)=3

●たった25ccのべンジンで最大約24時間保温できる燃費の低さ
 つまり約1ccで約1時間(カブもビックリ(゚д゚)!超低燃費!)
●使い捨てではないのでゴミにならない。環境にやさしい。

IMG_2717.jpg
■シンプルな構造■
IMG_2722.jpg
ベンジン注入後、火口を取り付けライターで点火して付属の巾着袋へ入れて携帯!
IMG_2729.jpg
数シーズンも使ってるのでラベルや本体生地が傷んでます(´;ω;`)
IMG_2715.jpg
使用ベンジンはハクキンカイロ専用が一番良いと思いますが、自分はエビスベンヂンを使用しています。コストパフォーマンスは最高です。入手先は大手ドラッグストア・・では無く、昔からある近所の薬局です(*^_^*)

今回紹介したこのハクキンカイロは世に出て90年にもなる超ロングセラーで根強いファンもおりWeb上にはファンサイトもあるくらいです。興味のある方は是非のぞきに行ってみてはいかが・・・(´∀`)ノシ

●ハクキンカイロ株式会社ホームページ

●ハクキンカイロ非公式ファンサイト

ハクキンカイロ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

かっちかちやぞ!!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?前編

滅多なことではメンテナンスする箇所ではないのですが、年式、走行距離を鑑みて九州ツーリング以前にメンテしたヘッドベアリング交換時の記録を紹介します(`・ω・´)ゞしかしながら、このメンテは参考にされずに素直にプロにお任せしたほうがよろしいかと思いますデス(´;ω;`)

では・・・早速

IMG_1992.jpg
■純正パーツ一覧■

部 品 番 号    部  品  名     個数
50301-041-010    レース,ステアリングトップボール 2
53210-GS9-003   ボールASSY.,ステアリングスチール 2
53211-030-000  レース,ステアリングトップコーン 1
53212-030-010  レース,ステアリングボトムコーン 1

まずはハンドル周りをバラしてと・・・・

★バラしの手順・・・今回は写真無しで申し訳ございませんm(_ _)m★

ナットがもう大変でホントこれがラスボスかと思いましたよ(^ω^;)

IMG_2005.jpg




    たすけて〜ド●えも〜ん(*´□`)ノ





しょうがないなぁ〜dr.jpg
      

       ぴ〜ん〜す〜ぱ〜な〜❤

だが、しかし・・・



IMG_2004.jpg
もう・・こうなれば・・・・


貫通ドライバーでやっつけるしかないっ(`・ω・´)キリッ

いっくよ〜っ!(・`ω´・+)
がんっがんっ!がんがんっ!がんっ!がんっ!・・・
IMG_2737.jpg

            あっ!?ああ・・





SH380081.jpg



敗れたり!?貫通ドライバーーーーーッツ!



IMG_20091.jpg

(;´д`)トホホ…
のっけからこんな調子で大丈夫なのか・・・


後編へつづく・・・・・・


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑同ジャンルの他ブログはこちらへ






かっちかちやぞ!!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?後編

貫通ドライバー逝ってしまった所で後編へつづく・・・で終わった前回に引き続き前途多難な”プロに任せたほうが良かった的”ヘッドベアリング交換の記録、をお届けしたいと思います(`・ω・´)ゞ

貫通ドライバーで何回ブッ叩いたか、わからないほど叩いたステムナットが、なんとか緩んでくれました( ´ー`)フゥー・・

それから・・・

フロントフォークを抜いてヘッドベアリングの交換作業なのですが、スライディングハンマー(もしくはプーラー)&圧入工具などという滅多に使わない工具に、お金をかける余裕などサラサラありません(`・ω・´)キリッ

なので・・・

作りましたよ(^ω^;)    建築金物Byいつものホムセン
IMG_2734.jpg
■建築金物■
●Z角座金  4.5×40 2枚
●ワッシャー 2枚
●ナット 2個
●ネジ棒 長さ約30㎝で座金の穴に通る径の物 1本


それでは・・・



かっちかちなステム上下のトップボールレースの取り外し作業!

まず、さきほど紹介した建築金物のネジ棒を手に取ります・・・

ステムの筒(フロントフォークのシャフトが通る部分)に挿入!・・・

トップボールレースのフチを円を描くようにまんべんなく・・・


いっくよ〜っ!(・`ω´・+)



打つべしっ!打つべしっ!打つべし!打つべし!打つべしっ!




IMG_2736.jpg


         あっ!?ああ・・またか・・・(・∀・|||)




SH380081.jpg







IMG_2738.jpg
まっコレは新品に交換するからね・・・(^ω^;)

★下側のトップボールレースは打ち下ろすので良いですが、上側は姿勢も辛い上に叩き上げないといけないので、作業はかなり困難を極めました(;´д`)トホホ…★

では・・・

取り外したパーツを見てみましょう

IMG_2015.jpg


IMG_2012.jpg
 
ここで、やっと折り返し地点です( ´ー`)フゥー・・
 
自作圧入工具の登場デス!
IMG_2016.jpg
上側はプラスチックハンマー等で叩きこんで入れる荒業も可能ですが下側は叩きにくいし、辛い姿勢で腰が限界です(´;ω;`)ベアリングレースの径にピッタリのソケットのコマがあったのでそれを挟んで圧入していきます(`・ω・´)ゞ

IMG_2017.jpg
潰れたネジ棒の頭が壮絶な戦いを物語っています(`・ω・´)

IMG_2011.jpg

ハンドル周りのややこしい組立が終了すれば・・・

               完成\(^▽^)/デス!

★今回のメンテナンスを振り返ってみて圧入作業がある意味本当のラスボスでしたかっちかちで、真っ直ぐに入っていかず本当に大変でした(;´д`)トホホ…正直プロにお願いしたほうが精神的にもよろしいかと・・・チャレンジ精神たっぷりな方は頑張ってみてはいかがでしょうか!?(*^_^*)★

ベッセル(VESSEL) 強力貫通ドライバー マイナス6×100 No.100
ベッセル(VESSEL) 強力貫通ドライバー マイナス6×100 No.100

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

ファイトー!いっぱーつ!!カブビタンPB!!!

燃料添加剤って眉唾もので、プラシーボ効果的な印象しか持っていませんでしたが、冬の間だけはフューエルシステムパワーブースターを入れるようにしています(`・ω・´)ゞ

faitoippatu.jpg


なぜか?・・・

冬のキャブセッティングは夏場より濃い目にするんですが、冬の朝いちばんの始動時にキャブがどうしても”くしゃみ”をしがちになるんです。イロイロなセッティングを試しましたが、未熟なせいもあり冬場は添加剤ドーピングしています。

KURE フュエルシステム パワーブースター (236ml)

燃料50〜70リットルに1本入れる
1本は236cc

ちょっと算数・・・
236÷50=4.72
236÷70=3.37
なので・・・


1リットルあたり4cc入れることにします(`・ω・´)

SH380086.jpg
カブの給油はだいたいいつも3リットル前後です

SH380087.jpg
計量カップは100均の化粧品コーナーの詰め替えボトルです
(ボトルの頭を切り取って12ccの所に目盛りを刻んだ自作計量カップです)

★インプレッション★
(使い始めて今年で3年目)
パワーアップに関して小排気量バイクなら体感できる違いはアルと感じます(特にゆるい上り坂)し、燃費も若干ですが良くなりました(*^_^*)
★あくまで個人的な使用感ですが・・・★

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

インドアツーリングへGo〜!(`・ω・´)ゞ

みなさんはツーリングに出かけるとき、どんな地図を使ってますか?スマホのナビとかポータブルナビの方もいらっしゃると思いますが、自分は昔からJAFのルートマップを愛用しています(`・ω・´)(ナビも欲しいなぁ〜と感じることは多々ありますがもう少しガマンします。)

IMG_2742.jpg
B5サイズで、よくある全国版の中でもコンパクトで携帯しやすい
JAFルートマップB5全日本

人気の100選情報を収録しておりツーリング計画の参考になる
(道・さくら・名水・100名山・渚・滝など)

左側を折り曲げると次ページへつながる横連続式や交差点名の記載

地方道ルート番号の記載・道路種別による色分類

何より気に入ったのは・・・

♨日帰り温泉♨が写真付きで地図の左側に掲載されている事です

IMG_2744.jpg
全国 道の駅 施設案内

IMG_2745.jpg
ルートマップとは別に予めルートを決めてプリントアウトしたコマ地図に、自分なりの情報を書きこんで、クリアケースに入れておけば突然の雨でも大丈夫!

今回は自分が使っている地図や方法を紹介しましたが、決して正解だとは思っていません。皆さんそれぞれに自分にあった地図や方法を実践されていると思います。季節柄ツーリングに出れない方や時間がとれない方も普段使っている地図を眺めさえすれば、何時でも、何処でもインドアツーリングに行くことができます。さっそく今夜にでも、お酒(もしくは珈琲)片手にコタツへ入り、お気に入りの地図を広げてインドアツーリングへGo〜!してみてはいかが・・・


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

超かんたん!エンジンメンテ台の自作(`・ω・´)ゞ

その昔・・・エンジン整備にはビールケース!って感じで自分も使ってたことがありますが、置き場所に困るし、なにより返却するときに傷だらけのオイルまみれでは酒屋さんに申し訳が立ちません(´;ω;`)

なので・・・

いつも使っている自作のメンテ台を紹介します(`・ω・´)ゞ

IMG_2747.jpg

IMG_2750.jpg

IMG_2751.jpg
■作業する場合は・・・■
IMG_2748.jpg

IMG_2749.jpg
■実際の作業・・・■
seibidai.jpg

寸法も工夫する余地があるかもしれませんが、材料費は500円でお釣りが来るほどなので気軽にトライ出来ると思います(`・ω・´)★

コチラは本格的な丸パイプ仕様
デイトナ(Daytona) エンジンスタンド モンキー&エイプ 77568
デイトナ(Daytona) エンジンスタンド モンキー&エイプ 77568

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ




”巷でプチブームのアレを試してみる!”であります(`・ω・´)ゞ

3日ほど前のヤフーニュースで見た最近プチブームらしい”いなばチキンとタイカレー”を仕入れてきたので、どんなものかと食べてみました(`・ω・´)ゞ

IMG_2759.jpg

     IMG_2763.jpg

     ■それぞれ聞いたこともない香辛料らしきモノが入っています■
ガランガル・・(´・ω`・)エッ?  こぶみかんの葉(・_・;?

★ちなみにガランガルはショウガ科の香辛料でこぶみかんの葉はインドネシア、マレーシア原産のライムの一種だそうで、さすが本場タイで製造されただけにコレは期待できそうです(`・ω・´)キリッ★

では・・・早速・・・

ミニカレーライスでいただくことにします(`・ω・´)

IMG_2754.jpg

IMG_2764.jpg
■それでは・・・まずグリーンから・・・■
IMG_2765.jpg

カパッと開けてまずガーリックの香りがします。カレーと言うよりスープっぽいです。
IMG_2767.jpg
●具はチキンのゴロンとした物が思ってたより入っています(^▽^)
●辛さは3品中トップの辛さで、おこちゃまには厳しいな〜( ´ー`)
●塩味しっかりデス!自分にはチョイきついかな〜(^ω^;)

■お次は・・・イエロー・・・ホイッ!■
IMG_2770.jpg
これは普段食べてる馴染みのあるカレーっぽいです。トロッとしています。
IMG_2771.jpg
●具は先ほどのグリーン同様、角切りチキンがゴロンと入ってます(`・ω・´)
●辛さはココナッツミルクが入ってるのでマイルドでコクあり!(´∀`)
●色が黄色で3品中いちばんカレーっぽいのでおこちゃま向き

■最後は・・・レッド・・・自分的には期待大・・・■
IMG_2768.jpg
スパイシーな香り・・・イエロー同様トロッとしています。
IMG_2769.jpg
●チキンは胸肉ですがタイカレーにはパサッとした食感が良いのかも(´∀`)
●見た目ほど辛くありません。まず甘さが来て後から辛さが来る感じでしょうか・・・
●こちらも塩味シッカリきいてます。

IMG_2773.jpg
3品共に100円にしては上出来だと思います。さすが本場タイ製造だけあって、暑い土地柄か塩味が濃いので、夏の塩分補給にピッタリ!!スープを足して夏野菜をどっさり入れて食べてみたいと感じました(´∀`)

最後にちょっと缶詰のこと・・・
缶詰の元祖はフランスで誕生して209年、日本では142年の歴史があります。日本では明治4年(1871年)イワシの油漬の缶詰を作ったのが始まりだそうです。その昔・・・缶詰は贅沢品とされていたようですが、ある意味、現在においては逆に生鮮食料品の方が賞味期限等の理由で廃棄処分されるため、小売価格に上乗せされて価格的にも、そちらの方が贅沢品と言えるでしょうね。また、長期保存(賞味期限は約3年、缶に破損がなければ約10年は食べることが出来るそうです)が出来て調理の手間がいらずそのまま食べることが出来る省エネフードです(´∀`)ノシ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

嗚呼・・・奥深きかな!?エンジンオイル(`・ω・´)ゞ

食用油でも、少量のオイルでも、果てはオイル交換無しで10万キロ走った!というスーパー伝説を持つ我々が愛して止まないスーパーカブですが、さてみなさんはどんなメーカーのどんなタイプのオイルを入れてますか?

oil.jpg
■エンジンオイルの基本・・・■
★エンジンオイルの仕事★ 
①エンジン内部の潤滑(カブの場合ミッションも)
②エンジンの冷却
③エンジン内部の清浄
④ピストンとシリンダーの気密性
⑤エンジン内部の各パーツの防錆&防腐食

★エンジンオイルの種類と性能★
鉱物油(HONDA G1など)鉱物油では約70℃から90℃以上オイル劣化が始まる。
部分合成油(HONDA G2など) 鉱物油よりは若干、高性能
化学合成油(HONDA G3など)化学合成油でも約110℃から130℃以上で熱による化学変化などのオイル劣化が始まる。
植物油(植物性レーシングオイル)ヒマシ油など主にというか、ほぼレース用

★JASO規格★
MA規格は通常のバイク(湿式クラッチ)向け
MB規格は摩擦低減剤を多く含むため湿式クラッチではないスクーターおよび、低摩擦が求められる高回転型エンジンや大型空冷エンジン

IMG_2732.jpg

■どんなオイルをいれるか・・・■

メーカー推奨のオイルを選ぶことは決して間違いでは無いのですが、それはノーマルエンジンで新車時にふさわしいオイルという事です。ボアアップしたエンジンは圧縮比が高くなり燃焼温度が上がるため低グレードでは役不足ですし、旧車に性能がいいからと100%化学合成油を入れてもクランクケースのパッキンを痛めたりしてオイルが滲んでしまうでしょう。しかしノーマルだから10W-30を使い続けるのではなく距離を重ねたエンジンは各部品のクリアランスも大きくなるので気密性の点からも粘度の大きいたとえば10w-40にするといった工夫が必要!なのです。つまり高価なオイル=良いオイルではなく今乗っているカブのエンジンに合ったオイル=良いオイルなのです(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

行灯(あんどん)カブに憧れて・・・(*´∀`*)

行灯カブの丸っこいウインカーや、あのフロントパネルの行灯に憧れて数年前にアウスタで買った行灯のレンズが黄色くなってしまいノーマルの電球では、光ってるのかどうかさえ認識できなくなってしまったのでLEDに変更し、視認性をアップした時の作業を自分の備忘録として、また参考になるかどうかわかりませんが紹介します(`・ω・´)ゞ

andon.jpg

■必要なパーツ■
●定電流ダイオード(18mA)E-183×6本 
●3mm黄色LED OS5YAA3131A(10個入)×2セット
●5mm黄色LED60度OSYL5161A-QR10個入×1セット
●基盤(ホムセン等にある安い物)
●ハンダとリード線、ホットボンドなど

IMG_2603.jpg
最初は真ん中の3ΦLED×20個だけだったのですがイマイチだったので5φLEDを四角に配置して視認性を確保しました(^^)電源はキーONで通電する黒線につないでボディアースとしたので交流電源に必要なブリッジダイオードや電解コンデンサーは基板上にありません。LEDとCRDの配置が決まればLED4個とCRD1個を直列につないで6組の直列配線をカブの電源に並列につなぎます(`・ω・´)

IMG_2609.jpg
基盤はレンズに合わせて(いつもながら適当ですが)切り出します(^ω^;)

■ホットボンドで固める前に点灯テストしておきます■

IMG_2604.jpg

■フロントパネルの加工■
①フロントパネルのノーマルのエンブレムを取り外します
★取り外したエンブレムはお部屋にでもかざっておきましょう(*^_^*)
②ホムセンで↓のようなナットをゲットします
IMG_2639.jpg
買ってきたナットの爪をヤスリでピンピンに尖らせて刺さりよくします(`・ω・´)
位置が決まったら4箇所(爪が刺さる部分)に小さめの穴を開けて爪付きナットをグッと押し込んで取り付けます(`・ω・´)ゞ
IMG_2605.jpg
キーONで通電する線とボディーアースして配線完了デス!

IMG_2611.jpg
電球とは段違いに光るようになりました(*^_^*)後から追加した5φLEDの4角がイイ感じに光ります。ホンダ純正(MADE IN JAPAN)のレンズなら白いままなのでしょうが自分のカブには、このベトナムクォリティがピッタリです(`・ω・´)キリッ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ








 | ホーム |