プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

新たな道具を持ち寄ってインプレ冬キャンプに行ってきた(`・ω・´)ゞ

ウレタンマットからインフレータブルマットに装備を変更して、旅CUBさんと一緒に赤穂市にある丸山県民サンビーチキャンプ場という海辺のキャンプ場に行ってきましたのでご報告します(*^_^*)
2013120501.jpg
R2号で和坂交差点を南へ県道718号線を西へ・・・
※広い道より細い道のほうがユックリ走れるからね
               (決して速くは走れませんが(゚Д゚ )ナニカ?)
2013120502.jpg
県道718号からR250号、曽根でコーヒータイム
2013120503.jpg
パッキングがいつもの旅姿ではなくビミョーにスッキリ!
※いつもはRVボックスの後ろにウレタンマットがあり無いとチョッピリ寂しい・・・
2013120504.jpg
旅CUBさんと待ち合わせ相生のMaxValuでお買い物(*^_^*)
2013120505.jpg
旅CUBさんの提案で海風をしのげる管理棟横にテン場を設置
ココに設置して大正解でした(*^_^*)水場もトイレも近いです
2013120506.jpg
さすがにキャンパーはいませんが釣り師は頑張ってました
※40余りの島からなる家島諸島が沖合に見えます
2013120507.jpg
旅CUBさんのニューアイテムのバウルーで
     チーズウインナーホットサンドを御馳走になりました
その後・・・

食前酒ならぬ食後酒!?の肴にと旅CUBさんが
    野草の『ツワブキ』をササッと調理してくれました

2013120508.jpg
ツワブキ
多年草で、草丈は50cm程度。地下に短い茎があり、地上には葉だけが出る。葉は根生葉で葉身は基部が大きく左右に張り出し全体で円形に近くなる。長い葉柄を持ち、葉柄は大きく切れ込んだ葉身の中心につく。これらの点はフキによく似ている。その葉は厚くて表面につやがあり、緑色が濃く、若いときには綿毛が多い。花期は10-11月。葉の間を抜けて花茎を伸ばし、その先端に散房花序をつけ、直径5cm程度の黄色い花を数輪咲かせる。フキが夏緑性であるのに対して、ツワブキは常緑性である。(ウィキペディアより)
2013120509.jpg
本来は春先に摘んでアク抜きし、茹でて皮むきして調理するのが本当だそうですが、チョットだけ味見(フキの香りを楽しむ)するだけなので簡単に調理するとのこと(旅CUBさんより)
2013120510.jpg
酒&麺ツユで味付けして完成!
※季節外れなので硬いスジがありますが、口の中にフキの良い香りが広がります!
春先にもう一度チャレンジしてみたいです(*^_^*)
2013120511.jpg
空き缶ストーブも連れてきましたよ!燃料はそこらの枝とドングリ
2013120512.jpg
お揃いのランプにも火が入り・・・
2013120513.jpg
太陽が島影へと日を落とす頃・・・
2013120514.jpg
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
2013120515.jpg
それぞれの肴をお互いの箸でつまみつつ・・・
旅の話から始まって政治経済、世界情勢ありとあらゆる話題で盛り上がり・・・
綺麗な星空を眺めつつ冬キャンプの宴は終了しました(*^_^*)

2013120516.jpg
昇る朝日とイイダコ釣り師


   ボク(´・ω・`)子持ちのイイダコって美味いですよね〜

旅CUBさん( ˙灬˙ )ぎっしり詰まったやつな!

     (´・ω・`)イイダコって今の時期、子持ちなんですかね?イイダコが
          子持ちじゃなかったら美味くないですよね〜

     ( ˙灬˙ )そんなんただのちっちゃいタコやんけ!

     (´・ω・`)&( ˙灬˙ )わはははははは・・・


※イイダコの旬は12~3月だそうで20センチほどの小さなタコ。冬から初春に、頭に卵をもつ今が食べ頃だそうで卵が米粒のような形をしているのでイイダコと呼び「飯蛸」と書く。また、卵をもった魚は「子持ち」と呼ぶが、イイダコの場合は「いい持ち」と呼ぶそうです。なので上記の会話中ボクが『子持ち』と言っているのは正確には『イイ持ち』ですね!釣り師の方曰く昔ほど釣れなくなったそうです!環境が影響しているんですかね〜釣り場も環境も大切にしたいですね!
2013120517.jpg
マットの寝心地は最高でした!冬用シュラフのおかげで寒くありませんでしたし
 
・・・・で

朝飯はバウルー祭りw

2013120518.jpg
初日の朝飯用にとリュックに入れて忘れて放置していた
      高菜混ぜオニギリをバウルーではさみ焼き!

20113120519.jpg
ドンドン焼いちゃえ〜!
両面焼きが出来るのでひっくり返す手間いらず!素晴らしい!欲しい!

朝食後サイトの片付け&撤収作業
 
ロケーションも設備も良いキャンプ場でした!街路灯が消える時間がもう少し早ければ星見キャンプにもいいかもしれませんね!パンダネコが一匹いたので就寝時はイタズラされないように食材管理は徹底したほうがいいと思います(=^・^=)

2013120500000.jpg
走行距離:193.5Km
食材&酒 1261円
ガソリン2.95L 451円

20131205999999.jpg
お土産に旅CUBさんの手作り『ぐい呑み』をいただきました
これで日本酒と『ぐい呑み』持参でキャンプに味わいが出ます(*^_^*)
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
(=^・^=)いい仕事してますね〜
(・д・)ユズのくせに焼き物がわかるんですか?
スポンサーサイト

今年のラストキャンプは久しぶりの海!

忘年会してないな!・・・・


・・・ということで丸山海岸サンビーチキャンプ場へやって来た!


R00207882016122903.jpg
曇りがちでも青空が見えて暖かいです
R00207912016122905.jpg
テン場を決めて炊事棟下で宴の準備
R00207922016122906.jpg
テーブルの高さはバッチリでした!
※布地のテーブルトップにしなくて良かった・・・朝見たらメッチャ汚れてましたw
R00207932016122907.jpg
夕方になるとLED照明が点灯します(4ヶ所で結構な明るさ・・・)
R00207942016122908.jpg
何故か申し合わせたように南の島つながり・・・(笑)
R00207952016122909.jpg
直火はNGなので炊事棟の窯を借りて焚き火
※お借りした、お礼に旅Cubさんは炊事棟の流しの詰まりを直してました!
たしか・・・大野山のキャンプ場でも詰まりを直してましたねw
R00207962016122910.jpg
浜大根(ハマダイコン)今回は食べれるサイズをゲットです(笑)

■ハマダイコン■ (R. sativus var. hortensis f. raphanistroides)

日当りのよい砂浜などに自生的に生育する。野草として食用にされるほか、食用選抜も行われている。普及した栽培種と比較してかなり硬く、辛味も強い。栽培種が野生化した種と考えられていたが、遺伝的研究では日本の栽培種とは差が大きく、栽培種とは全く別の系統に属す可能性が高い。比較検討の結果としては、古い時代にもともとの原産地である地中海沿岸から中国を経由して人間の移動と共に入ってきた野生ダイコンが起源であるとする説が唱えられている。 (wikipediaより)

R00207972016122911.jpg
姿形はダイコンそのものなんですが
            食味は山葵のようにツンと辛い

R00207982016122912.jpg
陶芸家の顔を持つ『旅Cubさん』作の備前焼!
R00207992016122913.jpg
カンパーイ!        ※お土産に頂いちゃいましたm(__)m
R00208052016122915.jpg
R00208062016122916.jpg
マイブームの鉄フライパンで・・・
R00208072016122917.jpg
旅人1人が加わって3人でワイワイ&わははは・・・・
R00208082016122918.jpg
マッタケパスタの朝ごはんw
R00208102016122919.jpg
今年最後のキャンプは丸山海岸でした!


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ(=^・^=)『テーブル買ってよかったね!』
(´・ω・`)『500円安はショックでしたけど・・・』
(=^・^=)『やはり布地じゃなくてよかったでしょ?』
(´・ω・`)『油が結構ハネて汚れが凄かったですね』
(=^・^=)『アルミなら熱いものも直接置けるしね!』


にほんブログ村
浜坂の特産品「ハマダイコン」をたっぷり使用! 浜大根 おろし塩ぽん酢&ドレッシング&おなべポン ギフトセット(=^・^=)『ハマダイコンが商品化されてる!』
(´・ω・`)『おろしドレッシングね!』
(=^・^=)『メチャクチャ辛いんでしょ?』
(´・ω・`)『ほぼ山葵でしたね・・・』
(=^・^=)『持って帰ってくればよかったのに!』
(´・ω・`)『その場で食べるから良いんですよ!』
浜坂の特産品「ハマダイコン」をたっぷり使用!
浜大根 ギフトセット




 | ホーム |