プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ファイトー!いっぱーつ!!カブビタンPB!!!

燃料添加剤って眉唾もので、プラシーボ効果的な印象しか持っていませんでしたが、冬の間だけはフューエルシステムパワーブースターを入れるようにしています(`・ω・´)ゞ

faitoippatu.jpg


なぜか?・・・

冬のキャブセッティングは夏場より濃い目にするんですが、冬の朝いちばんの始動時にキャブがどうしても”くしゃみ”をしがちになるんです。イロイロなセッティングを試しましたが、未熟なせいもあり冬場は添加剤ドーピングしています。

KURE フュエルシステム パワーブースター (236ml)

燃料50〜70リットルに1本入れる
1本は236cc

ちょっと算数・・・
236÷50=4.72
236÷70=3.37
なので・・・


1リットルあたり4cc入れることにします(`・ω・´)

SH380086.jpg
カブの給油はだいたいいつも3リットル前後です

SH380087.jpg
計量カップは100均の化粧品コーナーの詰め替えボトルです
(ボトルの頭を切り取って12ccの所に目盛りを刻んだ自作計量カップです)

★インプレッション★
(使い始めて今年で3年目)
パワーアップに関して小排気量バイクなら体感できる違いはアルと感じます(特にゆるい上り坂)し、燃費も若干ですが良くなりました(*^_^*)
★あくまで個人的な使用感ですが・・・★

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
スポンサーサイト

嗚呼・・・奥深きかな!?エンジンオイル(`・ω・´)ゞ

食用油でも、少量のオイルでも、果てはオイル交換無しで10万キロ走った!というスーパー伝説を持つ我々が愛して止まないスーパーカブですが、さてみなさんはどんなメーカーのどんなタイプのオイルを入れてますか?

oil.jpg
■エンジンオイルの基本・・・■
★エンジンオイルの仕事★ 
①エンジン内部の潤滑(カブの場合ミッションも)
②エンジンの冷却
③エンジン内部の清浄
④ピストンとシリンダーの気密性
⑤エンジン内部の各パーツの防錆&防腐食

★エンジンオイルの種類と性能★
鉱物油(HONDA G1など)鉱物油では約70℃から90℃以上オイル劣化が始まる。
部分合成油(HONDA G2など) 鉱物油よりは若干、高性能
化学合成油(HONDA G3など)化学合成油でも約110℃から130℃以上で熱による化学変化などのオイル劣化が始まる。
植物油(植物性レーシングオイル)ヒマシ油など主にというか、ほぼレース用

★JASO規格★
MA規格は通常のバイク(湿式クラッチ)向け
MB規格は摩擦低減剤を多く含むため湿式クラッチではないスクーターおよび、低摩擦が求められる高回転型エンジンや大型空冷エンジン

IMG_2732.jpg

■どんなオイルをいれるか・・・■

メーカー推奨のオイルを選ぶことは決して間違いでは無いのですが、それはノーマルエンジンで新車時にふさわしいオイルという事です。ボアアップしたエンジンは圧縮比が高くなり燃焼温度が上がるため低グレードでは役不足ですし、旧車に性能がいいからと100%化学合成油を入れてもクランクケースのパッキンを痛めたりしてオイルが滲んでしまうでしょう。しかしノーマルだから10W-30を使い続けるのではなく距離を重ねたエンジンは各部品のクリアランスも大きくなるので気密性の点からも粘度の大きいたとえば10w-40にするといった工夫が必要!なのです。つまり高価なオイル=良いオイルではなく今乗っているカブのエンジンに合ったオイル=良いオイルなのです(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m
  ↑同ジャンルの他ブログはこちらへ

キャンプツーリングの準備メンテ&カスタム第2弾(`・ω・´)ゞ

キャンプツーリングの準備メンテ&カスタム第2弾は”お金かけずに手間かけて!”をモットーにチェーン潤滑について書こうかなと思います(*^_^*)

チェーン専用でスプレー式、しかも粘性の高い優れた商品もたくさんありますが飛び散り難さを重視するばかり、チェーン表面に長期にわたってへばりついて肝心の浸透潤滑が出来ていないじゃないかと普段から感じていました(´・ω・`)

なので・・・

自分は下記のような方法でチェーン潤滑を行なっています(`・ω・´)ゞ

201303122.jpg
粘度の高いギアオイル80W-90が理想ですが、無ければ普段使いのエンジンオイルで構いません!どちらを使用しても注油後ウエスで拭き取ることをお忘れなく!
このZOIL ゾイルスプレーは超定番の556と比べると確かに高価ですが、エンジンの組付け時、ベアリング、ワイヤーなどに直接スプレーしても使えるし潤滑性能も高いのでオススメの1本です(*^_^*)
(上記のように他のオイルに少し混ぜるだけなので長い目で見るとお得かも)


チェーンメンテのついでにリアキャリアを普段使いホンダアクセス製ミニキャリアから旅キャリアに変更しました(`・ω・´)ゞ

201303121.jpg
以前のワッシャーの枚数は左が3枚で右が2枚だったのに今回の取り付けではどちらも3枚ずつに・・・(´・ω`・)エッ?カブが変形したのか!((;゜Д゜))そもそもこのキャリア(B級品なので)MADE IN JAPANとは違い工作精度の低い製品だから”まぁ!”仕方がないですね(^ω^;)荷台としての性能は必要にして十分で大変満足しています(*^_^*)


ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

見せてもらおうか、ホムセンの格安オイルの性能とやらを(・`ω´・+)シャキーン!

以前から気になっていたホムセンブランドのオイルですが、カイ●ズもダ●キも価格的には同じ598円でしたので、今回のオイル交換はダ●キのオイルを試して見ることにしました(`・ω・´)ゞ

201303211.jpg
なぜカイ●ズではなくDCMブランドを選んだのかは後ほど・・・

201303212.jpg
早速ドレンプラグを外してチェックしてみると砂鉄のような鉄粉がマグネットに付着していました!前回オイル(G1)交換から約4ヶ月間使用した結果です(中華マグネットドレンボルトがとりあえず役に立ってるかな)

201303213.jpg
廃油(G1)の状態はマイカ塗料のようなキラキラしたものが混ざっています

201303214.jpg
新しいオイルはG1と比較しても粘度、色ともに大きな違いはありません
(こっちのほうが10W-40なのでこれからの季節はいいでしょう)

ここで備忘録も兼ねて★オイルレベルの点検★

①エンジンを始動し暖機運転を行う
②エンジンを止め2〜3分間放置する
③オイルフィラーキャップ(ゲージ)取り外しゲージに付着した
オイルを拭きとって、水平な場所で車体を垂直に支えた状態で
レベルゲージをねじ込まずにオイル量を点検する


201303215.jpg
SUMICO住鉱潤滑剤株式会社
購入後に気づいたんですが、実はこのオイル住鉱潤滑剤㈱が品質保証者になっていまして、その昔2ストオイルに添加するモリパワーだったかな?とかワイパーゴムのビビリ止め(これは今でもあるのかな?)とかSUMICOブランドをリリースしてる会社なのでした!安心の日本製なので安かろう悪かろうではなく安くて良いものだと思います(`・ω・´)ゞ

今月末にはチョット距離を走るのでインプレしたいと思います(*^_^*)




ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

そっ!それは・・・京都行きの準備メンテ中に起こった!(;´Д`)

そろそろオイル交換の時期が来たのと、京都行きの為の準備メンテ中にそれは起こりました!前回のオイル交換時に使用したオイルとホンダG1オイルが中途半端に残っていたので、GIとホムセンオイルのハーフ&ハーフのブレンドで交換しました(`・ω・´)ゞ

2013052601.jpg
前回の交換時よりマグネットへの付着物は少ないようです(〃'▽'〃)

2013052602.jpg
やはりパールマイカのような細かい金属の微粒子は見受けられます



さてと!ドレンプラグを取り付けてっと・・・




ん!?いつもよりレンチが回るなぁ~




オイルを補充して・・・




廃油を処理してと・・・

 


ポトッなんか落ちてきたな!?




やっちまったなー!ドレンプラグのワッシャーです\(^o^)/オワタ
2013052603.jpg
廃油容器の底にありました!オイルを抜くときにドレンプラグが廃油容器にダイブしたときに外れたんだろうなキット・・・マグネット付きなのでドライバーの先端にくっつけて容器から出したときに気付くべきでした!まっ普段からオイル交換ごとにワッシャーを交換するなら気付いたんでしょうけど使えそうなのでケチった罰でしょうね!みなさんにはオイル交換ごとのワッシャー交換をお勧めするでござるよ(・`ω´・+)




(・д・)チッ やりなおしかよ!




2013052604.jpg
オイル交換時に廃油受けにドレンボルトがチャポーンとダイブしたりワッシャーを付け忘れたりって・・・みなさんも経験ありますよね!?ってないか・・・もしかして僕だけ・・・(震え声)

ご参考いただけたら↑ポチッとm(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ


 | ホーム |  次のページ»»