プロフィール

りゅう

管理人:りゅう
はじめまして!
↑をクリックで車両紹介
へリンクします(*^_^*)
エブリディカブライフへようこそ!
カブカスタムやツーリング記録
旅アイテムなどを紹介します
(`・ω・´)ゞ


検索フォーム


カテゴリ


現在の雨雲の様子


最新コメント


このブログの記事画像



Cub&旅〜リンク集


月別アーカイブ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

テールライトのLED化

テールライトのウエッジ球ってキレやすいと感じませんか?
バッテリーが弱いと過電圧になりキレるみたいですが、
キレたことに気付かずに反則キップを切られました(泣)
なのでLED化にチャレンジしてみました。
カブLEDテールでググると先人達が色々工夫されてる様なので
それらを参考にがんばってみました。
①テールに合わせてダンボールで型取り
テール1
②型紙から基盤を切り出す
テール2
③基盤に部品をのせてゆく
テール3
④ハンダ付けラッピングワイヤで配線
テール4
⑤ホットボンドで防水処理
テール5
赤色LEDを円形にテールランプとストップランプを1つ飛ばしに配列しています
基盤裏にライセンスランプとして白色LEDを4つ取り付けしています
テールとライセンスはカブの場合、交流電源なのでブリッジダイオードとコンデンサーで整流しています。
抵抗の代わりに定電流ダイオード18mAを使いました。

   使用部品

高輝度赤色LED[5mm][60度]OSR5CA5B61P(テール用)

超高輝度赤LED[5mm][15度]OSHR5111A-TU(ストップ用)

高輝度5mm白色LED[60°]OSW54K5B61A (ライセンス用)

定電流ダイオード(18mA)E-183

小型ブリッジダイオード DI1510[5203]

電解コンデンサー470μF25V

T-20ウェッジベース[4415]

配線用ラッピングワイヤ&リード線

部品は下記などで手に入ります
  
エルパラ 
秋月電子通商
自作が面倒ならバルブをLEDウエッジ球に交換する手もアリ!
スペシャルパーツ武川 (SPECIAL PARTS TAKEGAWA) LEDテールバルブ スーパー/リトルカブ 05-08-0039
スペシャルパーツ武川 (SPECIAL PARTS TAKEGAWA) LEDテールバルブ スーパー/リトルカブ 05-08-0039

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カブのウインカーLED化

バルブ交換の前に、
まず機械式ウインカーリレーをICウインカーリレーに変更する必要があります。
(ハイフラ防止)
同時点灯防止策として
カブのウインカー配線は、ウインカーブザーや
インジケーターを左右の回路で共用しているので、LEDバルブに変更してバルブの消費電流が下がるとブザーやインジケーターに電流が回りこむため、
左右両方のバルブが点滅してしまいます。
なので・・・
整流ダイオードを使い電気の流れを一方通行にして、反対側のウインカー回路への電流を流れないようにする必要があります。
(電子パーツショップで整流ダイオード2本調達して自作するのもありですが、そんなの面倒だって方は完成品で売ってるのでそれをゲットするのもいいかもしれません)
取り替えたバルブがコレ!
T10ウェッジ 5連 12V用LEDウインカー球(オクなんかで安く出てるヤツ)
IMG_2402_convert_20121111105301.jpg
が・・・それにしても暗い(´・ω・`)
夜の視認性は良いのだが昼間は見る方向によっては点滅してるのかどうかわからないレベル(危険((;゜Д゜))
いろいろなLEDバルブを探したけど思うような物(良いのは高くて買えない)が見つからず・・・ないのなら
自作するしかない(`・ω・´)キリッ
自分のカブはウインカーレンズをアウスタのおっぱいウインカーに変えているのでそれに合わせていつものようにまずダンボールで型紙を作って一番安い基盤を切り出します。
LEDウインカー1
次に超高輝度黄色LEDを良い感じに配置する。(位置決めをするのに抜いたり挿したり面倒くさい)今回もテールライトの時と同様に抵抗の代わりに定電流ダイオード18mA(4LEDに1個)を使用。
LEDウインカー2
次に基盤裏にスズめっき線0.3ミリとラッピングワイヤを使って配線とハンダ付け。
LEDウインカー3
次に外周のLEDにLED光拡散キャップ(5mm)[黄]を
取り付けます。(横方向からの視認性アップ)
LEDウインカー4
次にT10ウエッジソケットにリード線を取り付けて基盤の極性に注意して
取り付けます。
LEDウインカー5
この作業を4回繰り返せばオリジナルLEDウインカーの
完成です。\(^▽^)/
LEDウインカー6

点滅時の画像はコレです(`・ω・´)
SH380061_convert_20121118153412.jpg
LEDのつぶつぶ感もありイイ感じです。



    使用部品
超高輝度黄色LED[14cd][590nm][15度]OSYL5111A-TU
LED光拡散キャップ(5mm)[黄]
定電流ダイオード(18mA)E-183
スズめっき線 ラッピングワイヤ
ホムセンの安い基盤
T10ウエッジソケット


以前は昼間の前方向からの視認性が悪かったのですが
16個のLEDでかなり視認性がアップしました。
拡散キャップのおかげでLEDの弱点である横方向からの視認性も確保出来ました。

この記事が参考になるかどうかわかりませんがLED化に興味をお持ちになった方はカブのLED化にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

意外な材料でフロントフォークウインカーを作る(´・ω`・)エッ?準備編

フロントフォーク両サイドにある黒い蓋・・・いわゆるフロントフォークキャップをウインカーにしたいっ!と思いイロイロ考えて何とかカタチになったのが今回ご紹介するカスタムです!・・・(いつもながら貧乏臭いのはデフォですm(_ _)m)

さて・・・

タイトルにもあるように意外な材料!?って(・_・;?
これが何かおわかりになりますか?
ヒント4個入りで売ってます。
IMG_2640.jpg


・・
・・・
・・・・
・・・・・!?

わかった方はかなりの100均マニアなお方(*^_^*)


実はコレ椅子の足に取り付けて床を保護するカバーなのです!
内径約30ミリでフロントフォークキャップにピッタリです。


あと必要な材料は・・・

IMG_2641.jpg
5mmLED用黄色レンズ/リフレクターセット入手先はこちら
コレには黄色の他に赤もあるのでRVボックスに仕込んでストップランプにしたり、
工夫次第でいろいろ遊べそうです!

IMG_2642.jpg
小型1/2Wカーボン抵抗 620Ω 10本セット入手先はこちら

IMG_2644.jpg
超高輝度黄色LED[14cd][590nm][15度]OSYL5111A-TU   入手先はこちら

その他、配線に必要なリード線、アース線、金具、絶縁チューブ、ハンダゴテ、ハンダ等が必要です(`・ω・´)ゞ

材料が揃ったので、簡単な配線図を・・・
uinka.jpg
今回はLEDが1発なので定電流ダイオード(CRD)ではなく抵抗を使いました。ボディアース側(GRD)に整流ダイオードを回路に組んだほうが正しいのですが、自分は省略しました。現在の所、不具合はありませんが参考にされる場合は自己責任でお願いしますm(_ _)m

準備編はここまでです。次回は製作編へ続きますm(_ _)m
よろしくお付き合いくださいませ(`・ω・´)キリッ



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m


意外な材料でフロントフォークウインカーを作る(´・ω`・)エッ?製作編

前回に引き続き意外な材料でフロントフォークウインカーを作る (´・ω`・)エッ?の
製作編です。ドリルなどを使用する場合くれぐれも怪我などしないよう安全に留意して作業してくださいませm(_ _)m

まずフォークセンターカバーを取り外します。
IMG_2599.jpg
このパイプに配線を通すので、配線が通るくらいの穴を開けます。開ける位置が決まったらドリルの先端が滑らないようにポンチでマーキングするのですが、目印程度ではなくしっかり叩いてマーキングします。(そのほうがドリルの先端をあてた時パイプからドリルの刃先が逃げずに作業できます。)

IMG_2600.jpg
わかりにくいですが、画像中央の橙色と空色コードが左右のLEDからの配線です。

IMG_2643.jpg
リフレクターのキットは画像右からレンズ、リフレクターそして乳白色のLEDサポーターの3点です。サポーターにLEDを挿し込みLEDプラス端子(足の長いほうがアノード(+))に620Ω抵抗をハンダ付けします。出来たリフレクターユニットを椅子の足カバーに取り付けるためにリフレクターレンズの外径より若干小さめの穴を椅子の足カバーの中心に開けます。自分は約18Φで開けました(^^)v(硬めの透明ゴム素材ですので多少の穴の大きさは気にしなくても大丈夫です。)

IMG_2602.jpg
椅子の足カバーにリフレクターユニットを差し込んだら防水処理をしておくと安心です。(LEDの足に絶縁チューブも忘れずに取り付けておきましょう。)

IMG_2601.jpg

椅子の足カバーとリフレクターユニットの防水処理が完了したらフロントフォークキャップへ取り付けます。フロントフォークキャップには、あらかじめ配線が通る穴を開けておきます。出来上がったウインカーユニットとフロントフォークキャップとの取り付けはグッとはめ込んでいるだけで、接着剤等で取り付けなくても椅子の足カバーの素材が硬めの透明ゴム素材なので取れることはありません
(九州へ長距離ツーリング&雨天時も問題ありませんでした)

フロントトップカバーを外します。
IMG_2607.jpg
ヘッドライトハウジングの中にある左右のウインカー配線のギボシ端子から延長ケーブルでフロントフォークウインカーへ左右それぞれ結線しアースは2本まとめてボディーアースします(^^)v

すべての結線が完了すれば、カバー類を元に戻します・・・



IMG_2538.jpg



それではウインカースイッチをONにしてみましょう・・・













2012-12-22_11-18-37-anime.gif
横方向からの視認性がアップしました。(*^_^*)


費用もさほどかからない割に安全度はアップしますので満足度は大きいと思います(^^)v

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m

発電量UP!?

以前ステーターコイルのボルトが緩んでステーターコイルがフライホイールに接触し、コイルの一部が削れてエンジンがかからないトラブルに見舞われたことがあります。゜(゜´Д`゜)゜。左側クランクケースカバーを外して、コイルのボルトを締めなおしたらコイルの一部(外側)が若干削れてはいるものの、あっさりエンジンがかかりました。恐るべしスーパーカブ!

だけど・・・

削れたステーターコイルのままでは気分的にもイヤなので・・・


手に入れましたよ!郵便カブ(MD50)用ステーターコイル!

SH380020.jpg
中古でたしか2000円位だったかなぁ〜(*^_^*)

SH380023.jpg

このコイルを手に入れる前デンソー製フライホイールとミツバ製ステーターコイルの組み合わせで取り付けた事があったのですが、全く発電せず(フライホイールの永久磁石の並びが違うのか・・)バッテリーをあげてしまったことがあります。なので、ニコイチはご法度ですよ(`・ω・´)ゞ

SH380021.jpg

SH380022.jpg
現在使用中のCDIはタイカブ100EX用ですが問題なく使用出来ております。

SH380024.jpg

ベースプレート交換はオイルを抜いて交換しましょう。自分は抜き忘れて床がヒドイ事に・・・
発電量がUPしたかは正直(´・ω`・)エッ?ですがグリップヒーターとキャブヒーターのコイルから電源取り出し(レギュレーターは必要)のコネクターを増設できたのでヨシとします(`・ω・´)キリッ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村↑参考になりましたらポチッとm(_ _)m


 | ホーム |  次のページ»»